世界遺産!カミーノ・デ・サンティアゴに挑戦しよう!

カミーノ・デ・サンティアゴとは?

カミーノ・デ・サンティアゴとは、スペイン北西部にある、世界三大聖地のひとつサンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す巡礼路のことです。道はフランスやスペイン、ポルトガル、イギリスなど様々なところから始まっています。その中のひとつに「フランス人の道」というのがあり、スペインとフランスの国境にまたがるピレネー山脈を越える地点「サン・ジャン・ピエ・ド・ポー」から始まる800kmの区間は世界遺産になっています。日本ではあまり知られていませんが、道の世界遺産は熊野古道とこのフランス人の道の2つしかありません。キリスト教ではなくても、世界中からこの道を歩きに来ている方がいます。

旅の醍醐味は、人との出会い!

この旅に出る人は、あらゆる思いを持っています。巡礼のために訪れる人から始まり、自分の限界に挑戦したい人、人生についてゆっくりと考えたい人と様々です。一本の道では多くの国の人々に出会えます。私が歩いたときは20ヵ国以上の人々に出会いました。宿はアルベルゲといい、町ごとに巡礼者用のアルベルゲが用意されています。アルベルゲはドミトリー形式で、ここでも各国の人々とともに生活をするので、世界中の人々と出会えます。お国柄が出ていて見ているだけでも面白いですが、価値観の違う人たちと触れ合うことは強い刺激を受けます。日本にいるだけではわからない、世界中の人々との出会いを是非体験してみてください。

こちらのサイトから香川の一部で話題のタビマスターズを見つけて旅行に行こう